top of page

ブラジル 初ティラピアと中古車ディーラー巡り

5度目のブラジル2日目は時差ボケもお構いなく、前から気になっていたブラジルの中古車事情を調査。

4,200円???


まずは、いつもお世話になっているハシモトさんのショップへご挨拶。

週末のULTIMATE DRIFTに向けて、新しい足回りをセッティング中。


ヘッドライトもラッピングで制作。


日本では、当たり前に流通している車高調も、ブラジルには無いに等しく。

そこも、開発しプロデュースするのがファイベックスブラジルのミッション。


その後、「ティラピア」という川魚が食べられる有名なレストランがあるとのことで、クリチバ隣の町へとランチへ移動。


正直、個人的には川魚へのイメージ良くない。


これが「ティラピア」の料理。


「ティラピア」は知らず今回、同行して頂いたNRF 中村社長のお話では、タイでも広く流通しているとのこと。調べたところ、タイでは国民食として重宝される魚。


モチモチした食感で臭みもなく、川魚のイメージを感じさせない上品なテイスト。


サラダに盛り付けられるピクルス(右側)

ハンバーガーに挟まれているピクルスとは、まったくイメージが変わる美味しさ。


ブラジル定番のマヨネーズ風ポテト。



13時過ぎだったけど、有名なこのレストランは大盛況。


山の中に佇むレストランは、雰囲気も良く。

仲良く記念ポーズにて(中村社長のお腹付)


ランチ後は、アメリカ最大の自動車パーツ&アクセサリー アフターマーケットサプライヤー「オートゾーン」さんへ。


前にもブログに取り上げさせて頂いたけど、ブラジルでもソフト99さんは大人気。


既にファイベックスブラジルでも、ケミカルブランドの展開を検討中。


1レアルを30円で換算すると、

139,95 x 30 = 約4,200円


なぜ、この価格で売れるかというと、製品の良さや諸経費の背景もあるけど、

それは現地に来ないと理由は知りえない。



その後は、中古車の大型展示場巡り。


日本では想像できないくらい、多くのお客さんがいました。


どこかで見たことあるロゴ???


そして2日目の締めは、定番の「アサイー」で。


遠ければ遠いほど、動いて知る多くのものにヒントやチャンスが潜んでいる。


「ブラジルは遠くて大変ですね」と言われる人に限って逆に、大変な人が多い気がするような・・・。


躊躇せず動いている人は、同じように動く人を応援している。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page