top of page

2度目のブラジルへ ~前編~

2023年3月6日 人生2度目のブラジルへと。

既に、ブラジルに進出することを決めていて、事業の開始に向けた準備や市場調査をかねて、ブラジルへ向かう。



前回はアメリカ ダラス経由で行ったが今回は色んなパターンを知ろうと思い、ニューヨーク (ジョン・F・ケネディ)空港を経由。サンパウロ行きの便まで、乗り継ぎ時間が9時間オーバー。電車(無料)でターミナル間を移動できるが、電車の乗り口が分かりにくい。マンハッタンにでも足を運びたいところが小心者の僕は、ひたすら空港で待ち続ける。



羽田~ニューヨーク (ジョン・F・ケネディ): 12時間55分

ニューヨーク (ジョン・F・ケネディ)~サンパウロ:9時間35分

やっと着いたサンパウロ。


そして、ここでトラブル・・・。


到着したのは国内線(ターミナル3)

国内線(ターミナル1)に乗り換えて、クリティバへ向かいたいのにターミナル1へは歩いていけない。聞いてた話とは違う!?


そこで、日本にいる竹村さんへ緊急電話。

クレジットカードでタクシーに乗ったら、番号を盗まれると。

竹村さんがオンラインでタクシードライバーへ直接代金を送金。

そして、無事に次の飛行機へと。



クリティバで岡村さんと合流し、最初に向かったのは弁護士さん。

日本で会社設立する際、司法書士さんへ相談するがブラジルは弁護士さん。

色んな専門分野の弁護士さんがいるようだ。


実は最初に紹介を受けたブラジル某弁護士事務所は、会社設立に日本円で100万円+諸経費と説明を受けた。


こちらの弁護士さんは、どうも岡村さんの知り合い。

その弁護士さんから、帰りしなにドリフトをやっているとのことで、お土産にチームのキャップを頂く。


obrigado(オブリガード)= ありがとうの意味



その後は、岡村さんも通うチューニングパーツを取り扱うショップへと。

家族経営で小さなショップ。



色んなショートパーツが並んでいる。

短い時間の中でも、お客さんが次から次に来られる。


岡村さんの話では、店舗のガラス越しに商品が展示されているのが目に入ることから、高い商品は表からは見えない場所にストックしているとのこと。


やはり、ブラジルは日本より危険なようだ。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page